福祉社会というものは、ヒトの人たる根本価値、すなわち「命」「愛」「豊かさ」「幸せ」「正義」という定量化出来ない変数で成り立っている


福祉社会というものは、ヒトの人たる根本価値、
すなわち「命」「愛」「豊かさ」「幸せ」「正義」という定量化出来ない変数で成り立っている

経済的な数値指標によって、社会を分かりやすく語る言葉を額面どおりに受け取っていませんか?社会はそれほど単純ではありません。市場原理や経済原則の、社会的、環境的未熟さに気づき、修正を重ね続けることで、初めて持続可能性という概念が見えてきます。

シンプルに言うと、私たちの日々の行動は金銭価値によってのみ決めているわけではない、ということです。

「費用対効果」や「生産性」「効率性」という生産現場の用語を、くらしの現場に持ち込んで「すべての価値基準」を論ずる人はいつの時代にも存在します。それに違和感を覚えるセンサーの感度を常に高めておきたいものです。


Top